<< 勉強会開催のお知らせ | main | 新型コロナウィルス対策(NO.2) >>
新型コロナウィルス対策(NO.1)
0
    こんにちは

    個人的な理由でしばらくなかなかこちらにブログでも発信が滞ってしまっていましたが、

    来月頭にはまた2か月日本に帰国しますが、無事日本に帰る事できても2か月後タイに入国できるんだろうか、、、という感じで只今新型コロナウィルスが猛威を奮っております
    今日は久々にこういった関連情報発信の内容ブログを。


    ほんとに1月末から毎日メディアでは新型コロナウィルスがに関する、日々のセルフケア情報だけでなく今後の不安感や恐怖心がつのる情報もいっぱい。

    視覚情報は他のどの五感情報より影響を受けるもの。

    色々と個人的に思うことや感じることもありましたし、
    何度か個人のセルフケア情報についてアップしようと試みたこともありましたが、

    ちまたに様々な情報があり、むしろ迷いを促すものになりかねないと自粛しておりました。

    情報をあげるとそれに少なからず影響を受けるのがヒトの傾向。

    私個人的にもSNSでもウィルス関連の情報とは逆に心が安定する何事もない投稿を心がけておりました。
    こんな癒し画像とか(笑)


    実際にウィルスが騒がれてしばらくのメディアの情報は具体的な対策や自身で予防できるケアの情報は少なく、感染者や死亡者情報ばかり。


    ↑こういった毎日感染者が増えている情報を目の当たりにして不安感や恐怖心も増していくのは当たり前ですよね。

    ようやく最近になってセルフ対策などの特集もされはじめましたが、

    自分でできる感染予防とはまさに、免疫機能を下げない努力をすること。

    ワクチンの開発や新型コロナウィルスに関するエビデンスもまだすぐには出てこないわけですし、間違えた情報もいっぱい。

    もう今段階では情報に正しい正しくないもない状態で、信じられるものは日々の自分の感覚からくる経験値や自分の感覚からくる情報見極め力
    国や医療の情報や対策に頼ってばかりではなく、万が一ウィルスに感染してもそれに闘って勝つ身体づくりを出来る限り行うことだと私の周りの信頼おける医師や専門分野の研究者の先生方もおっしゃっていますし私も同感です。

    実際にコロナウィルス終息まで社会を全てブロックして生活する訳にもいかないですし、今後またこのような事態にならないとも言えない時代

    私達が個人で今やるべきことは自分たちで意識的にできる感染予防と正常な免疫機能を維持すること。

    不安感や恐怖心に代表されるネガティブな感情こそストレスの原因で、ストレスは身体にとって1番の猛毒で、身体の免疫機能を下げるということは事実様々な研究でわかっています。
    ウィルスを招くばかりか違う不調の原因にもなる


    ここのところ地元福岡でも感染者が出て余りにも不安感からのメッセージやSNSの声が多かったため

    やはり誰でも共通に出来る感染予防セルフケアについても私の周りの専門家から知り得た情報を色彩からのアプローチも含めてアップしたいと思います。



    まず
    セルフでできる事として
    以下の情報は当たり前に発信されていますが皆様はいかがですか?

    1.アルコール除菌
    2.うがい
    3.手洗い
    4.マスク
    5.栄養
    6.睡眠

    2〜4はいつも行っていた人でも感染した例もあり、気休めのようなものと言われているようですが、マスクはウィルスを通す通さないは別として確実に飛沫感染予防にはなります。

    その他
    新型コロナウィルスのタイプはノロウィルスなどとは違い脂質膜で囲まれたエンベロープタイプで、
    アルコールや石鹸などで簡単に壊れてしまうタイプらしく
    アルコール除菌や石鹸で手首まで洗う予防もかなり有効のようです。
    上記に記載したようにマスクや手洗いをしていたのに感染した方もいますし、完全防護服を纏っていたはずの医師など医療従事者の感染者もいますが、この感染した人としない人の差は

    上記に記載した免疫機能が極端に下がっているかどうかが随分と関係しているようですね。

    感染者のケアをする医療従事者の睡眠や栄養不足、ストレスも気になるところです。

    実際、ご高齢で免疫機能が弱ってらっしゃる方々に死亡者も多いですし日々ホルモンバランスが調整できる若く元気な人は感染しても回復しています。

    免疫機能強化には良質な睡眠がとれているかや腸内環境が良いか悪いかはとても関係していることは
    私はヘルスケアやファスティングの授業を通じてお客様にお伝えしていることですが、

    マスクの売り切れや消毒のみに注意を払ってらっしゃる方は多いですが、

    自分でできるケアとしては
    上記
    5.栄養
    6.睡眠


    の工夫も免疫機能強化にはかなり重要だと思います。

    栄養といっても漠然としていますので
    次のブログにも
    私が専門家から知り得た情報から

    今分かっている、分子栄養学的にみて対応するといいであろう注目すべき栄養素と対策をアップしてみようと思います。
    先程、以下の医療関連の方から得たという情報が私の方に入ってきたので
    日々のケアという事でアップしておきます。

    以下情報文をそのままシェア

    コロナウイルスの対策情報
    ↓ 是非拡散させてください。
    自己防衛が最重要です。
    今回のコロナウィルスは非常に熱に弱いことがわかりました。
    耐熱性に乏しいので、より多くのお湯を飲んでください。
    お湯を飲むことはすべてのウィルスのためにも効果的。
    冷たいものは厳禁です。
    2月末から3月末はウィルス感染が沢山発生します。
    外出時も暖かいお茶などをポットで持ち歩いて飲んで下さい。
    ポットを持って出かけられない時は出先で熱いお湯や白湯を調達して頻繁に飲むように。

    国の対策が後手後手になってる今、個人それぞれが責任を持って行動し、これ以上広まらないよう、くれぐれも気をつけて下さい!

    補足 カテキン入りのお茶と体温より熱いお風呂有効です。
    カテキンは抗ウイルス作用、お風呂 免疫力高まります。
    ただしホットショックに注意です。

    それと、潜伏期間は27日と思っておいてください。
    民間の研究機関(医科大学)及び海外(アメリカ)からの情報です。

    福岡の医療機関(医科大学)の方は「検査していないだけで、日本全国に広まってます」「今から検査が始まるので急激に人数が増えます。」隣の人が感染していてもおかしくない状況みたいです。


    以上

    コロナウィルスは熱に弱いというのは、インフルエンザなど今までのウィルスの傾向や日本の感染者情報からなんとなく感覚でもわかっていましたがこういった自分で出来ることはまだまだありますよね!
    こういった経験から将来のウィルス対策の知恵に繋がって行けばいい。
    自分の身体は自分で守りましょう。

    講座の詳細その他色情報は ↓↓↓ で、


    *********************************************

    2020年3月頭まで開講のバンコクサロン開催企画講座
    現在バンコクサロンおよびオンラインや録画でのオブザーバー(再受講)者のみ募集中




    *********************************************
    個人カウンセリングメニュー



    *****色の情報はこちらでもどうぞ*****
    Facebook →
    instagram →

    ******************************************



    皆さま今日もカラフルにお過ごし下さい〜!
    colortable重本史子
    〜FUMIKO SHIGEMOTO〜

    | ヘルスケア・デトックス | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ