<< 年末年始休暇のお知らせ | main | 2017年4-6月号カラーコラム振り返り >>
2017年1-3月号カラーコラム振り返り
0
    年の瀬も迫り、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

    color tableもいよいよお休みに入り、私も大掃除に取り掛かり大量の資料の整理や断捨離に体力を注いでおります。
    さて、こちらのブログでは年末コラムスペシャルという事で(、、、というか毎月のアップをし忘れていただけの話ですが、、、^_^;)
    2010年からスミタトレーニングセンターさん発行「ビジネスアライ」内で連載させていただいてますコラム「カラフルハッピーライフのすすめ」2017年1月号〜12月号までを順に、各号の最後には今現在から振り返った感想コメントも入れながら、掲載させていただこうと思います。



    まずは1月号から3月号までを一挙公開

    「ビジネスアライ」
    〜カラフルハッピーライフのすすめ〜


    2017年1月内容
    「2017年のバイオリズムを表す色は?」



    皆様にとって2016年はどのような年になりましたでしょうか?改めて2016年を振り返ってみますと、タイだけでなく世界的にも自然災害や政治など、とても大きな変容変革が起こった年だったなと実感しております。

    2016年は色彩気学から地球のバイオリズムでみてもやはり“ゴールド”という「節目」や「進化のための手放し」、「困難を乗り越えて今後の糧にする」などという動きを表す年だというのもうなずける1年でした。

    そして2017年は生命の誕生を意味する様な「新たな始まり」や「成長のための積極的な羽ばたき」を表す“シルバー”という色の年になります。

    タイも大きな始まりを迎える1年になりそうです。
    2017年から心機一転、何かを始めるには最適な意味を持つ年です。
    私自身も、やりたかったことに挑戦し、心機一転今までの仕事のやり方を変化させるべくその準備をスタートさせてみようかなと思っています。
    色彩気学でいう“シルバー”の意味に近い、色彩心理学データに基づいた色は“白”。
    「心機一転」というのにはぴったりな色で「再生・浄化」、「高い理想」、「潔さ」などの意味をもっています。新年を迎え、心機一転気持ちリフレッシュさせるためには、ご自分の気になる色と“白”を組み合わせて使うことで、潔くスッキリと今までの事が整理でき、次に向かって進む力のサポートをしてくれるはずですよ。

    さて、こちらのコラムでは引き続き、2017年も社会やビジネスに使える色のお話を掲載させていただきますので、新年もどうぞよろしくお願いいたします。
    皆様にとって新年もカラフルでハッピーな1年になりますようお祈り申し上げます。

    ★★本年を振り返って、、、★★
    今年の色彩気学からみたバイオリズムカラーはシルバーで、「新しいスタート」「純粋でピュア」「瞬発的に突き進んでいく若い力」などの意味があります。
    私が居るタイもまさに国王が新しく代わり、新たなスタートの年になりました。
    私個人的には今年のバイオリズムカラーはまた別途違うテーマがあったのですが、地球的にはタイだけでなくアメリカや日本など他の国もやはりシルバーのテーマがためされているなーと実感した年となりました。
    2018年のバイオリズムカラーは「RED赤」です。
    新年号の「ビジネスアライ」のコラム〜カラフルハッピーライフのすすめ〜にも掲載しましたので、ブログ内下記サイトもしくは下記リンクから最新コラムをご覧下さい。↓↓↓

    2018年1月号
    〜カラフルハッピーライフのすすめ〜「2018年のバイオリズムカラー」→



    2017年2月内容
    「Pantoneカラー・オブ・ザイヤー2017」



    タイではまだ喪が明けていないため、暫くはモノトーン色の街並みが続くと思いますが、全世界の都会の街並みでは新年が明けるとショーウィンドウも新しいトレンドカラーを取り入れたディスプレイとなり、購買意欲をそそられるように色彩業界も様々な業界に情報を提供します。
    毎年「カラー・オブ・ザ・イヤー」と称したトレンドカラーを前年度12月に発表しているアメリカのPANTONE社ですが、2017年のカラーテーマは「Greenery」とし、色見本も発表しています。この色は鮮やかで新緑をイメージさせる黄み寄りの緑色。

    春の訪れを感じさせ、新鮮・復活・復元・再スタートといった印象を与えます。

    昨年PANTONE社とともに日本流行色協会が行ったトレンドカラーに関する公開対談によると、2017年のカラートレンドに繋がるキーワードはサステナビリティ、快適さ、シェアリング・エコノミー、オーガニック、ピュアの5つになるとと話しており、「消費に対して慎重な人が多く、ある程度長く使えるベーシックなカラーが重視されるため全体的な傾向として、ブルー、グレー、ブラウンの3本柱はベースのカラーとなるであろう。」と言っています。

    実際、2017年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」である綺麗なグリーンを中心として発表された配色パレットにはベーシックな上記三本柱の色にトレンドのグリーンを配した上記キーワードをイメージのものばかりでした。

    トレンド配色パレットは1つだけではないため、細かく分析してみるとトレンドカラーから発信される今年の世界情勢の意向やテーマを読み取ることができ大変面白いのです。

    来月はこの配色パレットについてもっと細かく分析したお話しをしたいと思います。

    ★★本年を振り返って、、、★★

    本年のPanton社カラー・オブ・ザ・イヤーは「Greenery」という鮮やかな黄みを帯びた緑でしたが、皆さまは今年街中で目にする事が多かったですか?
    2018年のPantone社カラー・オブ・ザ・イヤーも先日12/9に発表されたばかりです。
    来年はこの色↓↓↓



    宇宙をイメージさせる「ウルトラバイオレット」という鮮やかな青紫色です。
    この色の活用法や特長などはまた別途こちらのブログでもご案内したいと思っております。

    どうぞお楽しみに、、、!

    2017年3月内容
    「Pantoneカラー・オブ・ザ・イヤー2017を用いた配色トレンド」




    今年のトレンドカラーについてアメリカのPANTONE社は「Greenery」という新緑をイメージさせる黄み寄りの緑色を昨年末に発表していることは先月号にも記載しました。

    この緑と様々な色を組合わせた衣食住の新商品が世界の街中のウィンドウを彩ってくれています。

    今年トレンドの鮮やかな黄みの緑は配色によって様々なイメージを演出してくれます。PANTONE社がこの緑との組合せとして提案している配色も様々ですが、メンズファッションでは黒と合わせることでかっこいいシャープなイメージに、レディースファッションでは明るめの黄やピンクなどの軽い色と合わせると軽快で明るいイメージを演出できます。

    この緑×黄やピンクとの組合せは、日本では桜や菜の花を連想させ、インテリア空間で春の季節感も出せます。
    緑は様々な色の中でも人に与える刺激が少なく、副交感神経に作用し、リラックス感覚をもたらしてくれますので、インテリアなどにはグレーやベージュ、ブラウンなどのベーシックエコロジーカラーと合わせることで、ゆったりと落ち着いた空間を演出できます。

    また緑と同様に黄も可視光線(人の眼に色として認識できる波長)の中では中間の位置にある偏りのない色波長のため、緑と黄は人に与える刺激も優しく穏やかです。
    この色彩生理から考えても柔らかい明るめの黄と緑の組合せは心身ともにリラックスをもたらしてくれます。
    ライムやレモンを連想させるこの配色はフレッシュでスッキリとした爽やかな印象なので植物のボタニカル柄などを使いお部屋を演出すれば春〜夏までに対応したナチュラルで爽やかな空間づくりを応援してくれますよ。

    今年流爽快空間演出を、まずはこの2色で試してみませんか?

    ★★本年を振り返って、、、★★


    皆さまは今年のカラー・オブ・ザ・イヤーである上記「Greenery」という色はお好きでしょうか?
    私は、大好きな色で、自分の顔や雰囲気にも調和し、魅力をあげてくれるパーソナルベストカラーでもあるため、ワードローブにも多い色です。

    今思い返してみると特に今年はこの色と黄色を組み合わせたコーディネートが多かったなと思います。

    元々、大好きな組み合わせですが、黄色と緑の色彩心理学的共通要素は「気持ち穏やかで相手に合わせたくなる」という意味があります。

    今年はファスティングや体調管理に力を入れ、今までより心も身体も軽くナチュラルになれたように思えたのでこの配色に共振共鳴したのかな?

    来年はどのような配色に惹かれるか、また2018年の今頃にこちらのブログで発表するのが楽しみです。




    さて、明日は4〜6月までのコラムと今年の振り返りコメントを公開いたします。
    どうぞ、お楽しみに、、、。


    来年は全てネット内での配信の
    スミタトレーニングセンターさん
    「ビジネスアライ」
    コラム
    〜カラフルハッピーライフのすすめ〜を
    どうぞご覧ください。


    来年1月からのカラー講座受講生も現在募集中ですので、下記をご参照ください。↓↓↓


    *******************************************
    バンコクサロン2018年からの色彩関連講座

    ◆ソウルカラー®一般講座 1/23〜

    ◆ソウルカラー®セラピスト養成アドバンス講座 2/16〜

    ◆カラーメンタリスト®養成認定コース 1/24〜

    ◆子育てサポートカラーセラピー CUBICマム一般講座 1/26〜

    ◆衣食住に役立つ よくばりカラー講座 2/1〜

    詳細は こちら→


    受講者様対象新年色彩講座各種勉強会
    詳細はこちら→

    個人診断などのメニュー
    詳細はこちら→

    *******************************************


    皆さま良い一日をお過ごしください。


    colortable重本史子
    〜FUMIKO SHIGEMOTO〜

    | カラーコラム | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.colortable-feel.com/trackback/1004235
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ